本文へスキップ

切子工房 箴光は、伝統的な江戸切子の技術を継承した独立切子士が製作する切子の工房です。

ショッピングカート

製品一覧kiriko product

「幻の八角籠目」(まぼろしのはっかくかごめ)

切子工房 箴光製品一覧ロックグラス一覧>「幻の八角籠目」


切子、幻の八角籠目、ロックグラス
製品名:「幻の八角籠目」
寸法:口元直径φ76mm×高さH90mm
内容量:280ml
製品コード:SK-R-ha-151
値段:59,400円(税込)

種類: 数量:

1点物ではございませんが、1点物系のデザインです。
注文があれば製作しますが、基本的には再度製作する意図ではデザイン設計を行っておりません。

語尾に「~ロックグラス」という形状名を付けずに、1点物らしく「幻の八角籠目」という型名の名前のみにて命名しました。


上から覗いた時の写真です。
切子、幻の八角籠目、上から
高難易度の八角籠目のカットを主軸にしたデザインで、八角籠目は日本最小クラスのサイズでカットしている1点物系のデザインです。

私自身このサイズ以上もう少し小さく八角籠目を削ることもできますが、これ以上の細かさはデザインとして破綻すると結論付けております。

このサイズ感の八角籠目を削れる切子職人は日本でも数える程度かと思います。

基本構成は伝統的なカット、かつ和風な感じに寄せていますが、オリジナルのカットも多く含んでおります。

過去150作品から得られたデザイン能力を集結した1点物に恥じない最高の出来上がりとなっております。



逆さにした時の写真です。
切子、幻の八角籠目、底面
下部のカットは
・透け感
・手触り
・虚像の美しい見え方
などで全て計算し尽されたカットで構成しております。



底のカットです。
切子、幻の八角籠目、底のカット
底の角を落とす「隅切り」というほとんど当工房オリジナルのカットにより、底の形状が丸から六角形に変化しております。

また六角形の辺の中心を頂点として、更に内部にも六角形のカットを入れております。

その外側の六角形と内側の六角形の全ての頂点に線がピタッと合わさるように12枚の花びらを持つ底菊をカットしております。

さらに底菊の間には透け感向上、デザイン性向上の目的により、細い線をカットしており、底全体は底を中心として、24等分されたデザインになっております。


底菊自体は伝統的なデザインですが、六角形を2個組み合わせたデザインはかなりオリジナリティがあります。



品質が高い桐箱に梱包させて頂きます。
切子、幻の八角籠目、桐箱



手に持った時のサイズ感です。
切子、幻の八角籠目、サイズ感



一般的なボールペンとのサイズ比較です。
切子、幻の八角籠目、サイズ比較



動画もございますので、ご参考頂ければと思います。



製作過程

私のデザインは「美しい大枠に細かいカットを添える形で入れる」という方針で製作しております。

大枠をカレーライス、間に入れる細かいカットを福神漬けに例えていつもデザイン設計をしております。

ただ、この作品のように福神漬けである細かいカットを口元から中段あるいは下段くらいまでカットして、下部を透かすような作品も他工房で1点物として8万円以上で販売しているものも多くございます。

いわば、グレードの高い作品と言えばこれと言ったような伝統的な構成のデザイン系統です。


この福神漬けをメインにしたデザインというのは、私の製作方針からは違うもので意図的に製作しておりませんでした。

しかし、ユーザーのニーズを考えるとこのタイプのデザインも1つは提示しておこうと思ってデザイン開発に取り組んだという経緯があります。



上部は伝統的なカットを全体にしますので、誰でも思いつきやすく、オリジナリティは皆無です。
現に、もう何十回として口元から細かいカットを入れるこのようなデザインを見たことがある人も多いかと思います。


伝統的なカットでオリジナリティ皆無ですが、八角籠目はこのサイズ感で削れる切子職人はほとんどおりませんので、カット技術で差別化している部分はあります。

しかし、カットの細かさの大小だけでデザイン性が圧倒的に優位かと言われれば、それはあまりにも気が緩んでいる考えです。


そこで、どこで差別化をするかというと、下部の透ける部分を演出するカットの部分で勝負となります。
切子、幻の八角籠目、ロックグラス
過去に1人で150作品作ってきており、どうやったら美しく見えるか、見た目だけでなく機能性は良くなるかなどのデータを蓄積しており、それを盛り込んだカットとなっております。


この部分は当工房の重大なデザイン力の話になるので、詳細は公開できませんが、たくさんの理論に基づいて製作されているデザインなので、その美しさは説明不要で写真から感じて頂けると思います。
切子、幻の八角籠目、上から



例えば、こちらの写真もデザインの理論に基づいて設計段階から構築しております。
切子、幻の八角籠目、見え方



伝統的なスタイルのデザインに合わせて、文様の選択も主軸は伝統的なもの、かつ日本らしさのある和風なデザインを意識しております。
切子、幻の八角籠目、文様解説
矢来、八角籠目の伝統的な文様ともに、悪いものから守ってくれるという魔除けや厄除けの意味合いが込められているものです。

また八角形は日本でも昔からお堂の形に用いられるなど幸運の形されております。

扇と、4つの丸は日本の家紋のようなイメージで和風なデザインを表現しております。

「4つの丸」及び「隅切り」は透け感の向上、手触りの向上を意図しております。



これだけの細かい八角籠目を口元からスタートして、ぐるりと全体に、中段にまでかけて削るので工数が非常に多くかかります。

買う方も値段が高い、作る方も作業時間がかかりすぎて他の作品を販売した方が良いという状態で、商業的に成功しているデザインとは言えません。

依頼があれば製作しますが、私自身は基本的には再度製作する意図ではこのデザイン設計を行っていないところがあります。

それでも伝統的なグレードの高い作品の型で安定した美しさに加えて、当工房の技術力やデザイン力がこれでもかというくらい含まれております。


みなさまの選択肢の1つになれればと考えております。

切子、幻の八角籠目、桐箱
製品名:「幻の八角籠目」
寸法:口元直径φ76mm×高さH90mm
内容量:280ml
製品コード:SK-R-ha-151
値段:59,400円(税込)

種類: 数量:



ロックグラス一覧」に戻る

shop info店舗情報

切子工房 箴光

〒359-1128
埼玉県所沢市金山町11-11
E-mail:kirikoshinkou@yahoo.co.jp

・公式ホームページ
・ヤフーショッピング
・minne
・creema

でオンラインで販売しております。

普段使い慣れているショッピングサイトがあれば、そちらを利用頂いても構いません。

現在、関東圏内にも製品を出荷しているので、ショッピングモール等の店頭でも当工房の製品を購入できます。

支払方法
銀行振込とクレジットカード決済とコンビニ払いが可能です。
支払い方法の詳細は「」をご覧ください。

・クレジットカード決済
ご利用可能なクレジットカード
支払方法
お支払い方法は「一括払い」「リボ払い」「分割払い」からお選びできます。

・セキュリティコード(券面認証)について 「セキュリティコード」の入力が必要となります。カードの署名欄の隅に印字された3ケタ(または4ケタ)の数字となります。
支払方法2


・コンビニ払い
コンビニ払い可能、切子
全国の
・ローソン
・ファミリマート
・ミニストップ
・セイコーマート
でお支払い可能です。


切子工房 箴光のSNS
フォローして最新情報をチェック!
インスタグラムがメインで、フォロワーもそこそこ多いです。
インスタグラム
インスタグラムQRコード

ツイッター

フェイスブック