本文へスキップ

切子工房 箴光は、伝統的な江戸切子の技術を継承した独立切子士が製作する切子の工房です。

ショッピングカート

切子の色kiriko color

職人が解説!切子の色

切子工房 箴光>職人が解説!切子の色

江戸切子の色の解説
江戸切子の色の種類や、色での目利き方法などにも触れて写真を交えながら、詳しく解説していきます。

~~~~~~~~~~~~

切子工房 箴光(しんこう)を代表します独立切子士の斉藤光と申します。

営業担当や外注して記事を書くライターではなく、このホームページ自体を切子職人の私がプログラミングして構築しております。

~~~~~~~~~~~~

このページを読むことで切子の色の種類の解説だけでなく「
色の違いによる購入基準、目安」が付くようになるかと思います。

楽しみにしていて下さい。


江戸切子の人気の色は「瑠璃、赤」

色の販売数的に言うと以下の通りです。
・購入者の大半
瑠璃色(濃い青)、赤色

・購入者の少数
緑、黄色、金赤(ピンク)、青紫、青、白、黒


一般的に切子には上のような色が存在します。

切子を買ったことのない人が初めて買うパターンが多く、入口はやはり伝統的な色である瑠璃、赤が多く売れています。

江戸切子、色の種類と解説
左から瑠璃(るり)、赤、緑、青紫、青です。


過去の経験則


修業時代の創業100年以上の老舗の江戸切子では瑠璃と赤の製品以外はたまに作るくらいでした。

年間を通してほとんど瑠璃と赤を製作していました。

当工房でも基本的には伝統的な瑠璃色(るりいろ)と赤色にて製作しております。

1層目に透明なガラス、2層目に色のついたガラスになっております。
江戸切子製品一覧
製品一覧


瑠璃、赤以外では、緑や青色も涼しげがあって良いなど実際にお客さんから聞いた事があります。

また金赤(ピンクに近い薄い赤)も女性に人気でした。
(現在タンブラーのみ、緑、青紫、青、金赤を製造しています)

金赤(きんあか)と区別するために、通常の真っ赤な赤色を「銅赤(どうあか)」と呼んだりもします。


一方、切子をコレクションする趣味がある上級者の方が黄色、白など一般的でない色を購入しているのかと考察します。


ちなみに瑠璃や赤は毎日のように売れていましたが、黄色の高級な江戸切子は年単位で売れておらず、ずっと棚の上に飾ってありました。


マイナーな色は売れにくい結果、ガラス職人さんも常に生産しているわけではありません。

基本的に特注扱いになって値段も高くなる傾向があります。



ここからは以下の大項目で紹介していきます。
・日本の伝統的な色
・切子の元々の色
・注意して欲しい色
・特殊な色被せガラス
・色の付け方

このページの内容は相当ボリュームがあります。
(多分日本で最も詳しく解説しているホームページです)


深くは知らなくていいという方はウィンドウショッピングしていって頂けると製作者としては嬉しく思います。

作品数は合計115種類以上と日本でもトップクラスのラインナップとなっております。
江戸切子全製品一覧
製品一覧


日本の伝統的な色は「瑠璃、赤、白、黒」の4種類

切子の色は瑠璃色(濃い目の青)、赤色が伝統的な色です。
江戸切子の色
瑠璃色は紫を帯びた濃い青のことを言います。


語尾に「い」がつく


赤色も日本の最古の基本色の赤、青、白、黒のうちの1つです。

その証拠に「い」をつけることで色味を表す言葉として成立します。

すなわち、赤い、青い、白い、黒い。

他の色は「黄色い、茶色い」のように全て「色」という言葉などを挟まないと日本語として成立しません。


そのほかに赤鬼、青鬼、紅白など日本の文化に根付いた色として伺い知れます。
日本の色、赤鬼、青鬼
江戸切子を見たことがある人は多くは瑠璃色(青)と赤色だったと思います。

それはまさに伝統的な色を使って、工芸品として伝統を大切にしているからです。
色のグラデーション
白や黒の切子もたまに見かけるのは日本の色だからという意味が含まれています。


歴史的な建築物にも瑠璃


日本でも中尊寺金色堂など1000年ほど前から日本でも各地の建築物に使用されたりする日本の色です。
中尊寺、瑠璃色


1919年(大正8年)に建築された熱海の起雲閣(きうんかく)という伝統的な日本家屋にも瑠璃は使用されています。


瑠璃の起源は古代エジプト


瑠璃色の起源は古代エジプトです。

現在の西暦20XX年よりも前の紀元前の話になってきます。

宝石のラピスラズリを粉砕し、顔料ウルトラマリンとして古くから使用されてきました。

黄金と同等の価値を有する宝石として王族しか身に着けることができないものでした。


切子は二層から構成される


色被せ(いろきせ)ガラスは切子には欠かせない一層目と二層目の二色から構成されている特殊なガラスです。
江戸切子、飲み口直径
上から側面を見ても透明なガラスと色のついたガラスの二層構造になっているとはわかりません。


おおむね一層目は透明なガラスになっております。

しかし、のちほど紹介する二色被せ(にしょくきせ)というものでは、一層目を琥珀色にするものも存在します。


ガラスの構造については「切子とは」の基本的なページに記載されております。

興味のある方は一読下さい。


日本独自のカットグラス


濃い色とカット面の透明の濃淡の表現があるカットガラスは世界的に見ても珍しいです。

日本が世界に誇る工芸品、文化となっています。
シャンパングラスの江戸切子

海外の大統領の側近が来てお土産に江戸切子を買っていったことは修業時代の工房でもありました。



切子の色は元々は透明だった

江戸時代から続く江戸切子は元々は現在の色が付いたタイプではなく、透明なガラスにカットを入れるものでした。


江戸時代のガラス販売を行っていた会社の引札(カタログ)をご覧ください。

江戸切子の絵の部分には着色されておらず、透明なものだったというのが公的な資料として見ることができます。
江戸切子の歴史
江戸時代の硝子の会社の引札(カタログ)です。

画像の真ん中よりちょっとしたあたりの編み目(矢来)がついている製品の部分が江戸切子のラインナップになっています。


博物館に現存する江戸切子があったりしますが、そのどれもが透明なものにカットを入れてあります。


ガラスを二層にする技術により切子に色が付いたのは大正の頃からで、その時に日本の伝統的な色である瑠璃色(濃い目の青)と赤色を付けたりするようになりました。


色が付いている方が見栄えが良いので、今では透明なガラスをカットしている工房はあまり見られないかと思います。


私が修業時代に働いていた工房では「復刻江戸切子シリーズ」ということで、あえて透明のグラスにカットを入れるというものを製造しておりましたが、少数派でしょう。


濃い色の切子は職人の経験と勘でカットする

通常は光に透かしてカットするのですが、黒色の場合は光が透けないので「職人の勘」で削ることになります。
江戸切子の色、黒
黒の切子はライトに透かしても全く透けません。


一方、瑠璃の方は写真の通り、光が透けています。
江戸切子の色、瑠璃
光に透かして、ガラスの外側に書いた目印を頼りに通常は削りますので、黒の方は完全に勘で削ります。
(瑠璃や赤でも色が濃いものは光が透けにくく、カットの難易度が跳ね上がります)


私の場合は手首の傾き(ひねり具合)を記憶してそのひねり具合を忘れないうちに削るというやり方で見えない部分は削っています。

同じようなカットを何千回と行っているので、手の動かし方に違和感が無いかで綺麗に削れているか判断したりもします。


右下が赤のぐいのみの素材ですが、色が濃くあまり透けて見えないのがわかるかと思います。
江戸切子の色2
一方、緑色、青色(薄いブルー)、右上の青紫に関してはライトを当てなくても透けています。


薄い色の切子より、色が濃い切子の方がカットが格段に難しくなるため、価値が高くなる傾向があります。
(値段が高くなる顕著なのは黒色の切子です)


濃い色の作品を作る傾向の職人さんは、難しいカットに挑戦しているんだなぁと感じられます。

作品を見る時に、より興味深く見ることが出来るようになるのではないでしょうか。


酸磨きによる注意してほしい薄い色

切子には様々な色がありますが、注意してほしい色の場合があります。
・色にムラがある
・色がとにかく薄い
この2つのどちらかに該当、あるいは両方に該当する場合があるかと思います。


それは「酸磨き」というガラスの表面を硫酸などの強力な酸でボロボロにしながら磨くユーザーにとってはデメリットが多い製法です。

採算を取るため、作業時間を短くするために進化してきた手法です。


基準となる瑠璃色(濃い青)と赤色は当工房で作っている下のような写真の物です。
江戸切子本来の色
元のガラスの素材と同じ濃さを保ったままカット面が綺麗に磨かれています。

これが伝統的な「手磨き」という手法で作られた切子です。


酸磨きという手法をすることで採算を取りながら文化が絶えずに続けられてきた側面もあると思います。

こういう江戸切子自体は私はあっても良いと思います。

大切なのは
こういう概念があるということを私達が知って、その上でベストな選択をしてほしいと私は思っています。


酸磨きをした場合の色の例


「瑠璃色」として販売しているのにこれくらい薄かったら酸磨きです。
江戸切子の粗悪品の色


赤色はここまで赤が薄くなります。
江戸切子の粗悪品の色


もう一例持ってきました。
上が赤で下が瑠璃色です。
江戸切子の粗悪品の色
先ほど見せた瑠璃色や赤色に比べるとだいぶ薄い色になってるのが確認できるかと思います。


しかし、「瑠璃を酸磨きすると青」、「銅赤を酸磨きすると金赤」のように見えてしまう場合もあり、一般的な人から見た場合、区別はほとんど付きません。


また酸磨きの技術も進化しており、酸磨きをしても濃い瑠璃、濃い赤に仕上げるところも出てきています。


なので、「この製品は手磨きですか、酸磨きですか?」と店員さんや製造者に聞いてみるのが一番良いかもしれません。


磨きの手法は切子生産時の大きな要素であるので、その質問に答えられない店員や製造者はまずいないのではないでしょうか。

当工房のようにユーザーの利益を優先している工房は「手磨きをしております」と必ずアピールしていると思います。

逆に酸磨きをしていることは製品のマイナスイメージにしかならないので、「酸磨きをしています」とアピールは普通はしていません。


手磨きのメリット


手磨きの場合
・ひっかき傷がつきにくい
・切子特有のカットのエッジが残る
・見た目の印象もハッキリ残る
・明暗のグラデーションが出る
・使用していて色が落ちる可能性が無い
とユーザーにとって良いことだらけです。


一生に一度かわかりませんが、そういう良い値段の物を購入することになると思います。

長く使えて、品質の高い手磨きの製品を検討してほしいと思います。

日本では酸磨きをしている工房がの方が多いです。

手間がかかる伝統的な手磨きをする職人も減少傾向で、そういう工房は少数になってきています。


ある有名な場所で販売されていた酸磨きのロックグラスの江戸切子は64,800円で販売されていました。


手間のかかる手磨きをしていますが、もし店頭で買うと当工房のグレードの高い作品も5万円~6万円くらいになります。

ぜひ工房直営のこのホームページでの値段を見ていって頂ければと思います。
江戸切子製品一覧
製品一覧

当工房の切子は手磨きなので、色の濃さを今一度ご確認頂ければと思います。

この色の濃さが伝統的な製法で作られた切子本来の色です。

手磨きに関しては「伝統の技「手磨き」の技術」のページでも詳しく解説するので、そちらのページもチェックしてみて下さい。


二色被せという特殊な色被せガラスを使った切子

最近では、2層目の色被せ部分だけでなく、1層目の透明なガラスの部分の色を変えてしまうといった色被せガラスもあります。

通称、二色被せ(にしょくきせ)というものです。

よく見るのは一層目は琥珀色(アンバー)の江戸切子です。

その他にも私はガラス職人さんの方から一層目をピンクやブルーにもできるということを言われています。


二色被せのデメリット


一層目を別の色に変えてしまうことは切子最大の特長である色の濃淡、メリハリが無くなってしまうと考えています。

色のメリハリがあるグラスであることが日本の独自性のあるカットグラスでもあります。

日本の切子の良さを最大限に出すなら1層目はクリアのものを選ぶべきだと私は考察しています。

またカット面がクリアの物を選ぶことが伝統的な切子を選択しているということにもなります。


また1層目が琥珀色(アンバー)の江戸切子ですが、琥珀色というとウイスキーを飲む人なら気になってくるかと思います。

なぜなら、ウイスキーは蒸留した原酒(スピリッツ)をオーク樽などで数年寝かせることで琥珀色になるからです。

寝かせる樽によって色味は変わりますが、一般的には下の写真のような色になります。
イチローズモルト
樽でスピリッツを寝かせることで生まれるこの琥珀色を見ながら飲むのがウイスキーの楽しみの1つです。


イチローズモルト琥珀色
1層目が琥珀色の江戸切子はウイスキーを入れた際にも完全にウイスキーの色を殺してしまうため、私はベストな選択とは考えません。


色がお酒をおいしくする


オーセンティックなバーでウイスキーをダブル(2オンス:60ml)のロックで飲んでいる時に、ひと口飲んでグラスのお酒を見る。


人の味覚は五感の状態、精神状態で変わります。
・お酒の色を見る
・香りを嗅ぐ
・ジャズ、好きな音楽を聞く
・切子のカット面の手触りを楽しむ
そういう五感の全ての環境が整っている時が一番おいしく感じるものです。


・お酒の色が見えない
・香水のきつい人が近くに居る
・周りがなんか騒々しい
・切子のカット面がとろけていて触り心地が良くない
などの条件が整っていない時は、同じウイスキーなのに味は落ちてしまいます。



全てがなんとなく調和が保たれて「なんか気分が良いな」という時に飲むお酒が一番おいしいです。
切子使用時
これはテキーラマエストロというテキーラのソムリエの資格を私が取得した時に、授業の中で一番最初に教えられたことです。


世の中のバーテンダーさんもお酒のカクテルを作る技術を磨くのと同様に、お客様の五感を心地良くさせる空間作りを同じくらい考慮しています。


二色被せのものよりウイスキーの色を楽しめるクリアなものを購入の目安にすると良いかと思います。


切子の色の付け方

他にも現代の技術で様々な色のガラスも製造されています。
江戸切子の作り方
少し専門的な話になりますが、ガラスを着色するには主原料のソーダ灰(ガラスの元)に発色性のある金属酸化物を混ぜ、2000℃ほどで熔解させて着色します。


配合する物質


以下のようなものを混ぜます。
赤色:銅、金、セレニウム
青色:コバルト、銅
黒色:コバルト、マンガン、鉄
緑色:銅、クロム、鉄
黄色:鉄、セリウム、チタン、銀
桃色:マンガン、セレニウム、金
紫色:マンガン、ニッケル

江戸切子の着色


この金属酸化物の配合割合は企業秘密であり、各ガラス工房によって配合量は違います。

発色の良し悪し、加工のしやすさなど顕著に変わります。


当工房では、色被せ硝子の最も老舗の工房と提携しており、天然素材を原料とした生地で生産しているので、生地の質に関してもこだわりがあります。


ガラスの素材については「ソーダガラスとクリスタルガラスについて」のページも参考にしてみて下さい。


最近は赤色の素材の値段が急激に上がっておりますが、その値段を販売価格には反映しておりません。

瑠璃色も赤色も同じ値段にそろえて当工房では販売しております。



これで切子の色の解説は全て終了です!

切子の色について詳しく解説してきました。

日本で一番詳しく切子の色について解説しているページで長文だったと思います。
本当お疲れさまでした。


冒頭で述べたとおり、作品数は115種類以上で、日本ではトップクラスのラインナップになっております。

ウィンドウショッピングで色んなデザインを楽しんでもらえると製作者としては嬉しく思います。
江戸切子全製品一覧
製品一覧


shop info店舗情報

切子工房 箴光

〒359-1128
埼玉県所沢市金山町11-11
E-mail:kirikoshinkou@yahoo.co.jp
※通販、オンライン販売のみ行っております。

支払方法
・クレジットカード決済
ご利用可能なクレジットカード
支払方法
お支払い方法は「一括払い」「リボ払い」「分割払い」からお選びできます。

・セキュリティコード(券面認証)について 「セキュリティコード」の入力が必要となります。カードの署名欄の隅に印字された3ケタ(または4ケタ)の数字となります。
支払方法2


切子工房 箴光のSNS
フォローして最新情報をチェック!
インスタグラムがメインです。

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

インスタグラムQRコード