本文へスキップ

切子工房 箴光は、伝統的な江戸切子の技術を継承した独立切子士が製作する切子の工房です。

ショッピングカート

切子とはwhat EDO kiriko

切子とは

切子工房 箴光>切子とは

江戸切子、ショットグラス
「切子(きりこ)」とは、ガラスの表面にカットを入れて模様付けをすることです。


カットガラスの和名にあたります。

切子の読み方は「きりこ」です。
送り仮名をつけて「切り子」とは書きません。




江戸切子とはその切子の1つの種類、ブランドです。
江戸切子と薩摩切子の位置づけ

詳しくは「江戸切子と薩摩切子の違い」のページでどういうことなのか歴史も含めて紹介していきます。


当工房では江戸切子の伝統的な「手磨き」という手法によって切子を製作している工房です。


世の中では江戸切子や薩摩切子という1つのブランド名で呼ぶよりも本来のカットグラスの意味である「切子」と呼ぶ場合が圧倒的に多いです。


私は江戸切子の技術を継承した切子職人ですが、当工房の表記も全て「切子」です。
ぐい飲み一覧、上から



このページでは切子の材料、素材である色被せガラスの構造や職人直伝のお話、おおまかな導入な感じで紹介できればと思います。



「切」という字はカットするという意味の他に「磨く」という意味もございます。

切磋琢磨、大切、共に磨くという意味で「切」が使われております。



「きりこ」という発音の物は金属の切削屑の切り粉、石川県輪島市のお祭りで使う燈篭(とうろう)のことをキリコなんて呼んだりもします。
切子、金属屑


しかし、ガラスの切子はカットグラスの和名と認識して頂ければと思います。




切子をあまり見たことが無い方は百聞は一見にしかずで、「製品一覧」のページも確認してみてください。
江戸切子全製品一覧
製品一覧

カットした透明な光沢部分と色がついている部分のグラデーションがなんとも綺麗です。

見ているだけで気持ちの高揚感があります。



私は切子を金や銀、ダイヤモンド同じ位置づけで考えています。
金銀
人類の歴史は金や銀、ダイヤモンドなどの宝石などを求めて争いあった歴史があります。

歴史的にみて綺麗なものは人間の細胞レベルで欲してしまうものだと思います。

綺麗なものを見て気持ちが高揚する体験を味わってほしいです。

金、銀、ダイヤモンドよりも当然安いです。

お手頃に美しさを楽しめるかと考えています。



その綺麗さを感じる心は老若男女、時代を越えて人類共通です。

女性だけではなく、男性でさえそうです。
江戸切子 贈り物
海外からの要人をお迎えした時に使用されるケースもあり、目の肥えた高齢の方への節目の贈り物としても最適です。

相手に何を送っていいかわからない場合でも間違いはないでしょう。


おじいちゃん、おばあちゃんが大切にペアで切子を使用していたのを見ていた人も多いのではないでしょうか?
江戸切子、ペア
玉七宝に氷山ロックグラス




世の中のあらゆるものを、時代を越えて見てきた目の肥えたご年配の方でさえも切子の美しさに魅了されています。

絶対の今後一生揺ぎない自信を持って私はみなさまにおすすめしたいです。
江戸切子 贈り物
海外から旅行で来た外国人の方が購入されるケースも非常に多いです。




修業時代にドイツから見学に来た一団は非常に高評価で興味を持っていました。

ドイツと言えば、マイスター制度(職人制度)があり、国をあげて物作りの職人を育てようといういわば匠(たくみ)の国です。

そのドイツの方にも切子は受け入れられていたように見受けられました。



特別な1日や特別な場所を演出するときに使用するのも良いでしょう。
江戸切子 自宅使用
夜のベランダや部屋を暗くしてランタンを置いてカクテルを作って飲んだりするのも面白いかと思います。

おうち時間のお供にぜひご利用を検討してみて下さい。



私事ですが、おうち時間を楽しむためにキャンプの椅子とランタンを出してキャンプスタイルで家の中で自作の切子で飲むことが多いです。
おうち時間
テレビやパソコン、スマートフォンを消して、ボーっと切子の綺麗さを楽しみながら飲んでいます。

忙しい普段では思いもつかなかった大事なことを考えたり、新しい発想が出てきやすいです。

非常に良い時間を過ごしています。






昔、和歌山県をぐるりと一周した時に料亭で江戸切子に料理が盛り付けられて出てきました。

今思うと簡素な物でしたが、当時は江戸切子の存在を知らなかったので、その器の美しさに驚きました。

店員の方に「これすごいですね!どういう物ですか?」と聞いてしまって感動して写真を撮るほどでした。
江戸切子料亭
当時の写真。


おちょこのような形状ですが、小料理の器にしても粋でいいです。

アロマキャンドルの器など、使い方はユーザー次第で広がります。






ワイングラスにカットした果物を入れて食べたりするのもなかなかにおしゃれで楽しめます。
江戸切子フルーツワイングラス
こうやって何気ない生活の中で変化を加えることは楽しいことだと思います。

今はこのご時世なのでリモートワークで家から全く外に出ない環境になってしまった人も多いかと思います。

切子によってそんな生活が少しでも楽しくなることを願います。



チョコナッツ豆乳アイスフロートを家で作りました。
江戸切子、アイスの盛り付け
寸胴型のロックグラスは容量も多く、器に使用しやすいと言えます。

友達の家にいったり、お店でこういう形で出てきたらとても嬉しいですよね。




江戸切子バーBAR
行きつけのバーで当工房の切子を使用してもらった時の写真。

実際に切子を目の前で使っている時が一番みなさんに感動してもらえると思います。






人間は面白いもので、気分が良い時の飲食はすごく美味しく感じるものです。
・大切な人と一緒にいる時
・記念日や特別な日
・昇進、昇格があった日
・店員が丁寧な口調で紳士的だった
・ジャズが流れているBARのお酒
・きれいなお皿に移し替える

好きな人江戸切子



逆に何か不快な要素を感じながらの飲食はまずく感じるものです。
・ラーメン屋で親方が弟子を大きな声で叱る声が響く中の飲食
・苦手な取引先の人との会食
・香水が強い人が近くにいる
・店員がめんどくさそうな態度と口調だった
・上司に仕事のことで怒られながらの飲み会
・プラスチックの容器のまま食べる

江戸切子上司


切子は食事の際に「きれい!」と心が高揚することで、気分が良くなります。

その結果食事がおいしくなったり、飲み物がおいしく感じたりするものです。




これは個人的な感想を言っているのではありません。

世の中の一流ホテルや高級バーラウンジでは料理や飲み物の味に力を入れるのと同じくらい気分の良い雰囲気作りをしています。
江戸切子雰囲気
雰囲気が味に影響するのはプロの世界では当たり前で重要なことです。

飲食する場所ではそこに全力を注いでいるのです。



使用せずとも、こういう感じで棚に置いてあるだけでもお店のブランドイメージアップにもなります。
remember、切子、化粧箱
【100作記念作品】remember



色々な切子のブランドとは

日本には色んなブランドの切子が存在しています。

多分、ここでは紹介しきれないほどの切子のブランドがあると思います。


大きく分けて江戸切子と薩摩切子が有名です。
江戸切子と薩摩切子、正面から見た時
左が江戸切子、右が薩摩切子です。


他にも各地各工房で「〇〇切子」と名称をつけてブランド展開しています。

今後もそういう「〇〇切子」というのは増えていくと思います。


特に江戸切子と薩摩切子についての詳しい話は「江戸切子と薩摩切子の違い」のページで後程解説しますが、とりあえずはこのページを読み進めてもらえればと思います。






工房の数だけ「〇〇切子」というのは登場してくるので、「じゃあどこの〇〇切子を購入すればいいの?」と迷ってしまうと思います。
切子選び悩む
そういうブランドは今後も無限に登場するので「どこのブランドの製品を購入するか?」というブランドで購入する概念は捨てるべきです。


「どの切子を見て自分は気持ちが高揚するのか?」で切子の購入を決めることが最も重要で本質的なことです。



当工房のロックグラスですが、これが良いと思えばこれで良いのです。
日本工芸展
【傑作】メタモルフォーシスロックグラス




切子職人の考え方や心意気などの背景も知ることで気分が良くなって切子は特別な物になります。



ただ単に陳列棚に置いてある切子の製品を購入するより

「この製品はこういう考えと製作過程を経て製造されました」

というストーリーがある方がお客様にとって特別な切子になると思っています。


当工房では、そこの部分もかなり重要視しております。


各製品ページには製作過程のストーリーを載せると共に、製作時の考えや心意気を記載しています。
江戸切子作りのストーリー
各ページから熱意やこだわり、どこまで物事を深く考えているか等を感じてもらって楽しんで頂ければと思います。






当工房では江戸切子の伝統的な技術を継承しています。

生産前に「〇〇切子」と名前をつけてブランド展開しようとしました。
切子工房箴光
なんとか切子の箴光にしようと考えました。


しかしお客様が製品を選ぶことでブランド化されていくと思うので、元々のカットグラスの意味である「切子」という名称だけを用いることにしました。



名称にこだわらずに切子の中身にこだわろうという当工房なりの答えです。

そうすれば「〇〇切子」と呼ばれずとも、「箴光(しんこう)の切子って輝きが良いよね」と工房自体の名前がブランドになると思っています。





製品発送後に、お客様にメッセージを頂くこともあります。
切子を受け取ったお客からのメッセージ
わざわざこういうメッセージを送って頂けるというのは切子職人にとっては最高の瞬間です。


こういうメッセージをもらった時は晩酌に少し良いお酒を飲んでプチ祝杯をあげます。


本当にお客様が喜んで、誰かに気持ちの高揚や興奮を伝えたい時にしかこういうメッセージは送ってもらえないと思うので、本当に嬉しく思います。




現状は店舗代、販売員などの余分な金額を製品の金額に上乗せしないようにオンライン販売で切子を販売しています。

ざっと
・人通りの多い店舗月20万円
・販売員のお給料月25万円
・ホームページ更新手数料月5万円
・税理士費用月5万円
・経理システム利用料月1万円
の合計月56万円くらいの金額を製品に上乗せすることはございません。


社会勉強含めて今後色々な販売展開を試しにしていくかと思いますが、主軸はこのホームページで販売することを考えております。






お客様が化粧箱の蓋をあけた時のあまりの美しさに仰天する姿を意識して生産するようにしております。
江戸切子を見た時の驚き
「わあ!」「きゃあ!」「おお!」という言葉が自然と出たらガッツポーズと言っても良いでしょう。


写真では実際のきれいさは伝わりにくい部分もございます。

動画など載せたりもしていますが、やはりお客様の元に届いて実際にお客様が手に取った時に当工房の切子の凄みを感じて頂けると思います。




とにかく蓋を開けた時のお客様の気持ちが一気に高揚するかしないかが重要です。



独立してから磨きの材料もより良いものを使用してより光沢が出るように意識しています。
江戸切子の品質
納得のいく品質のより良い物を作ることを念頭に生産しております。





製法は「切子の作り方」のページで流れを解説しますが、まずは大前提となる色被せガラス(いろきせがらす)について説明します。


当工房は江戸切子の伝統的な手法による切子作りをしており、この色被せガラスにカットを施すことで製品になります。



ちなみに被せ(きせ)って漢字は被せ(かぶせ)って読むんじゃないの?と思う人もいると思います。

その通りおかしい読み方です。

被せで「きせ」と読むのは完全に当て字で使用されています。


色被せガラス(いろきせがらす)とは

色被せガラスとは
「透明なガラスの上に色付きのガラスをくっつけて二重構造にしたガラス」
のことを言います。
江戸切子の素材、色被せガラス
一見ただの色のついたロックグラスかと思いますが、透明なガラスと色のついたガラスの二重構造になっております。




図で説明します。
江戸切子の仕組み
1.鋳物の型がまずあります。
2.鋳物の型に色つきのガラス、今回は赤を薄く吹き付けます。
3.次に赤いガラスの内側に透明なガラスを吹き付けて二重構造にします。
4.最後に鋳物の型を取り外せば色被せガラスの完成です。



カットをすると表面の色付きの硝子が無くなり、下の透明な部分が現れてグラデーションになるというものです。
江戸切子、降光ロックグラス
【傑作】降光ロックグラス



機械で全て規格通りに大量生産されているわけではありません。

ガラス職人さんが1個1個手作りで作っている人の手で作られた魂のこもったものです。


色被せガラスの素材の値段もなかなかに高いです。
江戸切子硝子製作
全てが同じ品質というわけではなく、色が濃い色被せガラスもあれば、若干薄めの出来上がりのものもございます。

それは個々の製品ごとの個性、味だと思って頂ければと思います。

全く同じ物は存在しない購入者だけのオリジナルの切子になるのです。

粋の世界を感じてもらえればと思います。





素材はメリットを考えてソーダ灰から作られるソーダガラスを使用しております。

詳しくは「ソーダガラスとクリスタルガラスについて 」で解説します。




色被せが濃いものは二層目の透明な部分が出てくるまでカットを深堀りします。

カットの深さが個々の製品で少し変わることもあるかと思いますが、それも個性だと思って頂ければと思います。


基本的にカットを施すときは色被せの濃さを見て、
・外側からきれいに見えるように調整する場合
・内側からきれいに見えるように調整する場合
があります。
その時の状況でどちらかに統一しますが、それも個性です。



例えば下の白丸で囲んだ線の3点での合わせは外側から見た場合、カット同士がぴったりと隣接してきれいに見えます。
江戸切子合わせ


しかし、内側から同じ部分を見ると透明なクリアな部分が少し離れています。

ぴったりと線が一致していないですよね。
江戸切子合わせ2
色被せが濃いと、この内側から見た時と外側から見た時の差異が大きくなります。

それはどうしてそうなるかをかなり技術的なことですが説明します。



3点の交点をかなり拡大した下の写真をご覧ください。

透明なカットの周りに色被せの層が出来ていることがわかります。
イラストも書いたので参考にして下さい。
江戸切子色きせの厚さ
色被せが濃いとこのクリアなカットの周囲にできる色被せの層が太くなっていきます。

外側から見た時は、この色被せの層同士がくっつくところでカットを止めます。

なので、内側から見た時はこの層の厚さ分だけクリアな部分が離れているように見えます。




下の写真は色被せの層が厚すぎて返品をしたものですが、顕著な例で言うと、下のようなことになります。
色被せが濃い江戸切子
カットの中心の白くなっている部分が透明な透けている場所です。

層が厚すぎて、カットの部分のほとんどが色被せ部分になっていますし、こんな太いカットは当然製品になりません。



内側から見ると、これだけしか透けていません。
色が透けない江戸切子
タンブラーなどの外側から見ることの多い形状の場合はこの内側の透明な部分を優先するより、外側から見た時のカットのきれいさを優先することが多いです。






基本的には外側から見た時を優先して色被せの層同士がくっつくところでカットを止めます。

ガラスをカットするときは内側からのぞきながら削るので、内側から見ている以上に外側は大きく削れています。

そこらへんは職人の勘でカットを手前で止めて外側からきれいに見えるように調整しています。



また小鉢や大皿のようなものは外側から見るよりかは上からのぞきこんで内側からカットを見る場合が多いです。

その場合は内側から見た場合にきれいになるように、クリアな部分が隣接するように優先して削る場合が多いです。
江戸切子小鉢
こういう小鉢は側面から見るというよりは上から、内側から覗く機会の方が多いと思います。

ゆえに、内側から見た時の色被せの部分をきれいさを重視してカットします。



当然外側から見ると、色被せのカットの層同士が食い合ってるような状況になりますが、決してそれはカットのミスではありません。

きれいに見えるように職人が調整したものなので、覚えておいてください。


同じ製品でも色被せの濃さによって職人がカットの調整を行いますので、そこらへんも製品の個性だと思ってください。





こういうことは切子職人はめんどくさがって基本的には誰も説明してくれません。

「目で見て技術を盗め」というような世界なので、こうやってわざわざ図解で解説する人は本当に日本に皆無でしょう。
江戸切子職人
修業時代の写真。


こういう説明ができるのは切子職人であり、販売も自分でしている独立切子士である私だからできることです。



このホームページは切子職人の私自身が製作しています。
江戸切子ホームページ
このページのプログラミングの一部です。

こういうホームページのプログラミングを切子職人である私が自分自身で行っております。






技術を知っている人間が直接自分の言葉でみなさんにお伝えできる。

そういった私でしかきっとできないような内容をかなり詰め込んでいます。

切子をこれから使うユーザーにとっても勉強になることだらけだと思います。

ぜひ勉強して通なユーザーになってもらえればと思います。




話を色被せガラスの素材の方に戻します。

実際の瑠璃色(濃い青)の色被せガラスは以下の写真です。
江戸切子の素材江戸切子の素材2
上から覗いて側面の厚みの部分を見てもわかりませんが、透明なガラスと瑠璃色の二層になっています。

厚みは一般的なガラスコップくらいの厚みになっており、二重だからといって分厚いわけではないのも江戸切子の特長です。
※薩摩切子は逆で分厚くなっています。

詳しい話は「江戸切子と薩摩切子の違い」のページで後程解説します。



カット前の物とカット後の切子を並べましたが、どちらも元々の素材は同じです。
江戸切子の素材3
カットした部分は表面の赤い色が取れて、下の透明な部分が残っています。

この濃淡のグラデーションとカット面の光沢の綺麗さが切子の魅力です。






世界的に見てもこの濃淡のあるグラスはなかなかに珍しく、切子は日本が世界に誇るグラスとなっております。

(海外のカットグラスは色のついた1層でボヤっとした薄い色にカットを施したものが多いように見受けられます)


江戸切子酸磨き
酸磨きだと赤や瑠璃色が上の写真のようにかなり薄くなってしまいます。

これでは日本の切子の良さを台無しにしていると言えます。


色が濃い切子が良いの?薄い切子が良いの?

製品を選ぶときに色被せが濃い物が良いのか、それとも薄い物を選んだ方が良いのかという質問を受けたことがあります。


明暗のグラデーションが出て切子の良さを感じられるので、濃いめの方を私はおすすめします。

しかし、濃い物の場合、先ほど図解で説明した通り、外側から見た時と内側から見た時のカットの長さが離れて行きます。

外側からも内側からもカットがぴったり一致していることを優先するなら少し薄い物でも良いと言えるでしょう。

どちらにもメリットはあるので、そこまで気にしないで個々の製品の個性を楽しみましょう。






ちなみにこの手法は当工房で行う江戸切子の伝統的な手法を解説しましたが、薩摩切子等では製法が違います。

詳しくは「江戸切子と薩摩切子の違い」のページで説明します。


切子とはなんぞや?というのはこんな感じで概要は理解して頂けたと思います。

他の各ページにも切子のことをたくさん書いているので、見て理解を深めて頂けると、もっと面白くなってくると思います。


shop info店舗情報

切子工房 箴光

〒359-1128
埼玉県所沢市金山町11-11
E-mail:kirikoshinkou@yahoo.co.jp
※通販、オンライン販売のみ行っております。

支払方法
・クレジットカード決済
ご利用可能なクレジットカード
支払方法
お支払い方法は「一括払い」「リボ払い」「分割払い」からお選びできます。

・セキュリティコード(券面認証)について 「セキュリティコード」の入力が必要となります。カードの署名欄の隅に印字された3ケタ(または4ケタ)の数字となります。
支払方法2


切子工房 箴光のSNS
フォローして最新情報をチェック!
インスタグラムがメインです。

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

インスタグラムQRコード