本文へスキップ

切子工房 箴光は、伝統的な江戸切子の技術を継承した独立切子士が製作する切子の工房です。

ショッピングカート

切子の冷酒グラス、日本酒セットまとめ

切子の冷酒グラス、日本酒セットまとめ

切子工房 箴光製品一覧>切子の冷酒グラス、日本酒セットまとめ

切子の冷酒グラス、日本酒セットに焦点を当てて紹介する特集のまとめページです。
江戸切子、日本酒セット
この美しさが他の工芸品から群を抜いて飛び出た切子特有の魅力です。


江戸切子の伝統的な手法によって作られた冷酒グラス、日本酒用の切子をセットで使用して粋で心踊る晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。


家での毎日の晩酌を楽しくしてくれるものです。



人間の味覚は面白いもので、同じものを食べたり飲んだりしても、気分が良い時と悪い時で味が大きく変わります。


切子を使用することで気分の良さを最大限に引き出してくれます。
おいしく冷酒、日本酒を飲む際にうってつけかと思います。


以下の項目にてまとめて紹介していきます。
・日本酒用の酒器の選び方
・冷酒グラス、日本酒セットの紹介
・冷酒、日本酒用のショットグラスの紹介




日本酒用の酒器の選び方

冷酒、日本酒を飲む際は、
・ストレート
・ロック
のパターンがあるかと思います。


冷酒、日本酒は16度近いアルコール度数の醸造酒です。


度数的には40度のウォッカ、テキーラ、ラム、ジンなどのお酒をジュースなどで割ったロングカクテルで飲むときと同じくらいの度数で、そこそこ強めと言った感じです。


一般的にはぐいのみで少しずつ飲むのがイメージできると思います。
江戸切子ぐいのみ、おちょこ
おちょこ、ぐい呑み一覧


またぐいのみでは焼酎などの蒸留酒も飲む場合もあるかと思います。
焼酎は日本酒と違い40度ほどの高いアルコール度数です。


度数の高い焼酎、ウイスキー、ジン、テキーラなどを飲む際もぐいのみは最適です。


日本ではぐいのみという酒器が発達しましたが、海外の酒器ではショットグラスが近い互換性があります。
江戸切子ショットグラス
ショットグラス一覧


ショットグラスといえば、テキーラを罰ゲームで一気飲みにする際にしか使わない謎のグラスだという印象の方も多いかと思います。


実のところはストレートでお酒を飲む際に香りを豊かに感じられる優れた酒器です。

ぐいのみ同様、良いお酒をゆっくり少しずつ飲むのが適しています。




これら小型の酒器の良いところは多くあり、愛用者が多いのがその利点を物語っています。
・一度に入る量が少ないのでお酒の飲みすぎを抑えることができる(健康、節約)

・何回も注ぐのでそこまで飲んでいないのに結構飲んだ気分になれる

・飲み始めと飲み終わりがすぐに来るので空気を吸い込みやすく飲料の風味を豊かに感じられる

・何回も注ぐ動作を含めてお酒を飲むゆったりとした時間を感じられる



私も30代になってから小型の酒器の魅力に気付いて使うようになりました。

ゆっくりと少しずつ飲むことになりますが、そこまで飲んでいないのに良いお酒をたくさん飲んだ気分になれます。


仕事が終わった後、休日に家でテレビや映画など見ながら晩酌を長く楽しみたい人におすすめですね。




そこで、冷酒、日本酒の選択肢として
・ぐいのみ&徳利の日本酒セット
・日本酒用のショットグラス
を紹介していきたいと思います。



切子は飲む人の気分を良くし、その結果お酒の味も良くしてくれるものです。

日本らしくぐいのみで飲むも良し、新しいことを楽しみたい人はショットグラスで飲むのも良いかと思います。


私は新しい感覚が面白くて気分が良くなるのでショットグラスで飲む場合が多いです。


みなさんはどうでしょうか?

より好みの酒器を選択してみてください。



冷酒グラス、日本酒セットの紹介

当工房ではぐいのみと徳利のデザインを一致させてセットで使用することを想定している冷酒グラス、日本酒セットがございます。

3セットほど紹介します。


 江戸切子、日本酒セット、玉七宝
玉七宝(ぎょくしっぽう)セット
ぐいのみ・玉七宝(ぎょくしっぽう)  徳利・玉七宝


ポイント
玉七宝(ぎょくしっぽう)は日本の伝統的な文様の七宝の中心に玉(ぎょく)を配置した当工房オリジナルのデザインです。

玉(たま)には球体の意味の他に「とても大切なもの」という意味がございます。
玉座、玉露なども同様にとても大切なものという意味で使用されています。

シンプルで上品な作品に仕上がったと思います。
江戸切子、日本酒セット、玉七宝2




江戸切子、日本酒セット、伝統
伝統(でんとう)セット
ぐいのみ・伝統  徳利・伝統


ポイント
伝統(でんとう)というデザインは江戸切子の伝統的なデザインを楽しんでもらいたいという標準の部分を目指した作品です。


カット数多めで日本の美しい工芸品の魅力を感じることができるかと思います。
江戸切子、日本酒セット、伝統2





江戸切子、日本酒セット、竹林
竹林(ちくりん)セット
ぐいのみ・竹林(ちくりん)  徳利・竹林


ポイント
竹林(ちくりん)というデザインは実に全体を32本ものたくさんの縦のカットで等分したシンプルながらに完成されたデザインです。


回転させた時の様子が竹林の中を歩いているような日本の美を感じましたので、この名前となりました。


値段もお手頃かと思いますので、日本酒セットとしてご検討頂ければと思います。
江戸切子、日本酒セット、竹林2


個数は自由に選択できるように1個単位で販売しております。
セットで購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おちょこ、ぐい呑み一覧


徳利(とっくり)一覧



冷酒グラス、日本酒用のショットグラス

江戸切子ショットグラス
ショットグラス一覧


当工房の製作しているショットグラスの中でも冷酒、日本酒に適しているグラスをいくつかピックアップして紹介したいと思います。


縦長なので、日本酒をシングルで注ぐと液面から飲み口まで距離があります。

液面近くではなく、上にいくほど良い香りになるので、ショットグラスは日本酒の良い香りを楽しみやすい形状です。


テキーラマエストロでは上の方の良い香りを嗅ぐことを「トップノートを取る」と言います。

ワインソムリエの場合はアロマと言ったりもします。

  江戸切子、底合わせ窪み市松
底合わせ窪み市松ショットグラス


ポイント
市松文様は日本の伝統的な文様で、様々な工芸品にもそのデザインは見ることができます。

海外の酒器であるショットグラスに日本の模様を削るという文化の調和がされています。

当工房では、市松部分の透かしの部分をくぼませることで持った時に指にフィットしやすく、持った時のクセになるような感触にして工夫しております。




  種子ショットグラス
【傑作】種子ショットグラス


ポイント
伝統的な文様に依らないとにかく傑作のオリジナルデザインです。

上から覗いた時の美しさに驚かれるかと思います。

透明に近い日本酒に彩りを加えるデザインなので、とても良く楽しみながら飲めるかと思います。




  竹林ショットグラス
竹林ショットグラス


ポイント
ぐいのみ・竹林と同様の「竹林(ちくりん)」というデザインです。

全体を32本もの線でカットしたシンプルながらに完成されたデザインです。

この美しさを一緒に共有して楽しんでもらいたく思います。


この他にもデザインの違うショットグラスがございます。

どれも良いデザインばかりなのでお気に入りのショットグラスを探してみて下さい。





切子の冷酒、日本酒セットの特集は以上になります。



お酒の知識については以下の各ページで紹介しています。


ワイン:「ワインについて」のページで解説します。

日本酒と焼酎:「日本酒について 」のページで解説します。

ウイスキー:ウイスキーについて」のページで解説します。

ジン:「ジンについて」のページで解説します。


テキーラ:「テキーラの魅力」のページで解説します。



製品一覧」のページに戻る

shop info店舗情報

切子工房 箴光

〒359-1128
埼玉県所沢市金山町11-11
E-mail:kirikoshinkou@yahoo.co.jp
※通販、オンライン販売のみ行っております。

支払方法
・クレジットカード決済
ご利用可能なクレジットカード
支払方法
お支払い方法は「一括払い」「リボ払い」「分割払い」からお選びできます。

・セキュリティコード(券面認証)について 「セキュリティコード」の入力が必要となります。カードの署名欄の隅に印字された3ケタ(または4ケタ)の数字となります。
支払方法2


切子工房 箴光のSNS
フォローして最新情報をチェック!
インスタグラムがメインです。

ツイッター

フェイスブック

インスタグラム

インスタグラムQRコード